1. HOME
  2. ブログ
  3. 会社設立
  4. ひとりで作る株式会社 ②設立申請-4「申請」

BLOG

ブログ

会社設立

ひとりで作る株式会社 ②設立申請-4「申請」

法務局へ設立申請に行く

申請に必要なもの

ひとりで作る株式会社についてお伝えしていますが、
設立申請の準備から今回の申請まで、
4つの記事に分けて書いています。
今回は4つ目の記事「申請」です。

「申請書類と印鑑」についてはこちらの記事をご覧ください

「定款作成と認証」についてはこちらの記事をご覧ください

「資本金振込」についてはこちらの記事をご覧ください

ここまで、申請書類を揃え、印鑑証明書を取り、
資本金を振込み、いよいよ申請となりますが、
申請に必要なものは、まだあります。

株式会社の場合、
登記するときにかかる「登録免許税」は15万円です。
これは、収入印紙で納めます。
申請する法務局でも売っていますが、
あらかじめ郵便局で買い、
申請書に貼って行くとすぐに申請できます。

申請窓口は9時から17時までです。
12時から13時も受け付けてくれます。
受付印をもらい、補正日を確認しましょう。

 

補正日とは

設立登記の申請をすると、
登記官が書類の不備等がないか調査し、
問題がなければ登記完了となります。

この調査期間の最終日を「補正日」と言います。

 

補正がある場合

書類に不備等があれば、電話があります。
電話で確認され、済む場合もありますし、
もう一度出向く必要がある場合もあります。

出向く必要がある場合は、
新たな補正日を指定されるはずです。
書類に不備があると、
その分登記完了日が遅くなります。

ただし、よほどの間違いがない限り、
設立日は申請日なので、ご安心ください。

 

補正日に法務局へ

「補正日」までに連絡がなければ、
無事登記完了と考えていいでしょう。

完了の連絡は来ないので、
「補正日」になったら法務局へ行きます。
ここで完了を確認し、印鑑カードをもらい、
会社の全部事項証明書と印鑑証明書を取得しましょう。
費用は収入印紙で支払います。

証明書を取得したら、
念のため登記事項を確認しましょう。

これで会社設立完了です!

と言っても、まだ終わりではありません。
設立後にやっておくべき手続きと、
やっておきたい手続きがありますので、
次回はそちらについて書いて行きます。

 

会社設立のご相談お問合せはこちらから

関連記事